結婚式、披露宴を行う場合、一般的には、必ず招待状を作成して、郵送するか、普段からお会いする人には手渡しで渡したりします。

その招待状は、記載内容が大事なのは言うまでもありませんが、封筒の封印シールや切手についても、結婚式にふさわしく、おめでたい配色の物や専用品を用います。その中でも、最も目につく宛名書きは、招待状の中で非常に重要なポイントになります。

結婚式には、会社の上司や目上の人を招待することが多く、また親族も多く招待するため、招待状の差出人は、両家の父親の名前で出すことが、本来のやり方です。

最近は、本人たちの名前で出すことが多くなってきていますが、それほど重要なアイテムになります。

したがって、宛名書きは非常に丁寧に毛筆で書かれることが望ましいため、専門の方にお願いすることがよくあります。結婚式を挙げる式場の多くは、専門の書き手を常駐させていたり、専門業者に依頼できるようになっています。

専門の方にお願いすると、当然、費用がかかるため、本人で書かれる方も多くおられますが、少し失礼な行為にもあたりますし、汚いだけならまだしも、誤字などがあると、非常に失礼になりますので、可能な限り、プロの方にお願いするようにする方が無難でしょう。

見た目がきれいならと、印刷で作ってしまう人もいますが、それもまた軽々しくて失礼な話です。

忙しい中、自分たちだけのために時間を作り、ご祝儀を持って、来ていただけるわけです。中には遠くからわざわざ来てくれる人もいます。そのことを十分に踏まえ、招待客には、くれぐれも失礼がないように、宛名書きは、達筆な字で書かれた招待状を用意するようにしましょう。
ウェディングタイムラインは挙式や披露宴の時間を記載したものです